便秘の種類別症状と原因

便秘ヘッダー

便秘とは

一般的には、3日以上排便が無い時は便秘であると考えれれていますが、排泄の回数が少ないこと、排泄物がお腹の中に滞っていることを便秘ととらえれば宜しいでしょう。

良好な状態で有れば、排便は1日1回。食べたものの消化・排便までの時間は24時間が目安とされます。

毎日、便通があったとしても、苦痛、残便感があると便秘といえ、逆に、毎日、便通が無くても苦痛と感じなければ便秘とはいえません。

問題となるのは排便困難や腹部膨満感など症状を伴う便通異常である便秘症です。

大半の便秘は排便機能の障害により起こる機能性便秘であり、症状が軽い場合、食事や運動などの生活習慣の改善によって解消されます。

しかし、病気や疾患などが原因である器質性便秘の場合や、重度の便秘は専門医の診断と治療が必要です。

便秘の種類

便秘には大きく分けて機能性便秘と器質性便秘に分類され、機能性便秘は、排便機能の障害により起こる便秘で、器質性便秘とは腸に関する病気が原因で起こる便秘のことをいいます。

機能性便秘は、さらに一過性便秘と習慣性便秘に分類され、分けることができます。

一過性便秘は、環境の変化から起こる緊張やストレス等によって発症するもので、原因が分かれば比較的自然に収まります。

習慣性便秘は、生活習慣や食生活が原因として発症する便秘で更に3タイプに分けられ、弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸性便秘に分類されます。

機能性(きのうせい)便秘

弛緩性便秘

日本人に多くみられる便秘で、高齢者、特に寝たきりの高齢者、女性などに多く食生活や生活習慣、腹筋力の低下が主な原因です。

弛緩性便秘の原因

大腸が弱りぜん動運動などの活力が低下することで便の通過時間が長くなり、大腸で水分が余分に吸収されて便が硬くなります。

腸のぜん動運動が弱くなると、便を押しだす力が十分でないために起こり、お産を繰り返して腹筋がゆるんでいるような時や、体質によってもこの弛緩性便秘は起こりやすくなります。

けいれん性便秘

左側大腸の緊張が持続的に強いために大腸内容の推進がブロックされるために起こります。

排便に際し腹痛を伴い、最初に硬い便が出て、後半は軟便ないし泥状のことが多いのが特徴で、排便後もすっきりせず、残便感や少量の軟便ないし泥状便が続くことも多く過敏性腸症候群の症状としてみられることが多いようです。

けいれん性便秘の原因

腸のぜん動運動が強くなりすぎて、けいれんを起こすタイプの便秘で、けいれんにより腸が激しく収縮するため、便が細かくなり出にくくなります。

ストレスで腸が緊張する人に多く、腹痛をともない、とくに食事に直後に痛むことが多いとされ、便意は非常に強い一方で、すっきりできずに残便感だけが残り、人によっては便秘と下痢を繰り返します。

直腸性便秘

直腸内に入ってきた便をうまく排出できない状態。正常では便が直腸に下りてくると直腸壁の伸展刺激により排便反射が起こりますが、この反射が起こらなくなった状態であり、便意を我慢する習慣を続けた結果なることが多いといわれています。

結腸性便秘(弛緩性便秘)と合わせて起こることもよくあり、頻度の高い便秘でも有ります。

直腸性便秘の原因

直腸の神経が鈍くなって、便意を感じにくくなるために起こり、便意があってもトイレに行く時間がなかったり、便意を無視し続けていると、次第に便意自体を感じなくなり便秘になるケースが多いようです。

器質性(きしつせい)便秘

器質性便秘というのは大腸の形の異常や、傷を伴う病気がもとで起こる便秘のことです。

器質性便秘の原因

お腹の手術のあとの腸の癒着や、大腸の炎症、あるいは巨大結腸症のように腸の長さや大きさに異常があったり、腫瘍などによって腸管の中が狭くなった場合に起こる便秘です。

腸管などが狭くなっていて、便が通りづらくなったりして、排便がスムーズに出来なくなります。

具体的な原因として、腸閉塞(ちょうへいそく)、腸捻転(ちょうねんてん)、大腸ガン(だいちょうがん)、腹膜炎(ふくまくえん)など腸の腫瘍(しゅよう)、閉塞(へいそく)、炎症(えんしょう)などにより腸の通りが悪くなるためにおこるもの、腸の長さや大きさの異常によっておこるものがあります。

器質性便秘の場合はすみやかに医師の診察と治療を受ける必要があります。

下剤に頼らない方法

サプリメントバナー

参考文献:便秘解消には善玉菌サプリメント