便の量と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

健康な人であれば毎日排便している便の半分が、腸内細菌で便1gあたりに1兆個が含まれているとされます。

人間が食べ物を口から摂取すると口、食道、胃を経て腸にはいり7メートルの長さの腸内を移動します。

腸の表面は、広げると約200平方メートルの大きさになりテニスコート1面分の大きさになります。

小腸では、体内に入った食品の成分を認識して吸収し、消化されなかったカスは大腸へ送られ水分の調整がなされ、直腸に溜められこれが便となります。

通常であれば、直腸で溜められた便は24時間から72時間ほどここに滞留し、ある量が溜まると便意が起こり排便されます。

健康な人の便は150gから200gとされますが、戦前は350gであったようですがこれは食物繊維の摂取量が減ったことが原因であると考えられています。

食物繊維は、腸内を掃除し便の量を増やし有害物質を体外に排出す役割をしています。

前述のように便が減り便の滞留時間が多くなることにより腸内細菌のバランスを崩していることが考えられます。

健康な便とは、黄土色で量や形はバナナのような形で1個分で臭いはあまりないとされます。

逆に不健康な便は色は黒ずみ硬く細かったりヤギの分のようにコロコロした便で臭いは強くなります。

このような便は、食生活の乱れや心の乱れが腸内環境を悪化させている可能性があります。

便は健康のバロメーターともいわれくらい腸内の健康状態が出るので、便が健康であるかどうかを毎日確認する事で病気の兆候をつかむことでできるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る