便の色が赤色

便の色と健康 赤色の時 原因と考えられる病気・対策

便の色が赤色だった際、血を連想することが多いのではないでしょうか。

便に血が混じっていたら血便!それはつまり病気のサインです。

考えられる原因や病気、対策などを知り、知識を身につけることが大切です。

便の色が赤色の時の原因

便の色が赤い場合、以下のような原因が挙げられます。

1.肛門からの出血

2.大腸からの出血

3.香辛料などが大量に入った食べ物の摂取

血は、時間が経つと黒っぽくなり凝固していきます。

それにも関わらず、赤い血としての色が鮮明に出る血便の場合は、肛門から近い内臓、もしくは、肛門からの出血ということが予想できます。

便の色が赤色の時に考えられる病気

血便の場合、病気として考えられるのが、以下のものです。

・大腸癌

・大腸ポリープ

・大腸炎

・痔

痔の場合は塗り薬等もありますが、それ以外の場合は病院での治療が必要となります。

自分で判断するにしても、出血が少量だった場合などには、気づくことが難しい場合もあります。

便の色が赤色の時の対策

対策としては、

○血便かどうかをしっかりとチェックする

○香辛料などの過剰摂取に注意する

○腹痛などを伴っていないかチェックする

○病院での検査や診察を受ける

○痔の症状がある場合は水分補給を行う

痔の場合は、便が硬いために肛門が傷つき、出血している場合が多いです。

このような場合は、水分補給を多く行う事によって多少改善できる場合もあります。

出血がどこから起きているのかを知るためにも、病院での検査や診察はとても大切です。

人間ドックなどで調べてもらうことによって、身体の全体的な健康状態を知ることも出来ます。

重大な病気の早期発見を行うためにも、注意深く便の色を見ておき、たとえ小さな変化だとしても、気になったらすぐに検査を行うことが大切です。

サプリメントバナー