悪玉菌と善玉菌(腸内フローラ)

善玉菌と悪玉菌

人間は生まれた時の腸内は無菌状態ですがやがて腸内細菌が住みつくようになると様々な細菌が住むようになります。

細菌は種類ごとに勢力範囲を広げようとしますが安定してくるとバランスが決まりその腸内細菌の共存関係は腸内フローラと呼ばれています。

腸内細菌には、人体に有益な善玉菌、人体に有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌に大別されます。

善玉菌が産生する物質は悪玉菌を減らし、悪玉菌が産生する物質は善玉菌を減らし互いに勢力範囲を競っている関係です。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが大切

腸内フローラがバランスが崩れる日和見菌が鍵を握り、日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のうち、優勢なほうに味方する性質があります。

そのため、腸内フローラが悪玉菌が優勢になると、加速度的に悪玉菌が増殖し人体に有害な作用を及ぼします。

善玉菌が優勢になるように腸内バランスを保つことが健康につながる理由はここにあります。

善玉菌と悪玉菌の特徴

善玉菌は、健康維持や免疫力の向上に役立つ乳酸や酢酸などの有機酸と呼ばれる物質を産生します。

乳酸菌・ビフィズス菌以外の善玉菌である納豆菌、酵母菌、麹菌は善玉菌を増やす糖を産生します。

これらの働きにより善玉菌は消化吸収、脂質代謝、免疫の活性化、感染防御、腸の蠕動運動などを活性化させます。

一方、悪玉菌の代謝物は、アンモニア、硫化水素、インドールなど有害物質を作り、腸壁の細胞を長い年月をかけて傷つけたり腸の内容物を腐敗させまおならが臭くなったり便秘の原因にもなります。

また、有害物質は、器官を弱めるため肝臓機能を低下させ解毒が間に合わなくなり有害物質は血液により全身に回ります。

悪玉菌の生成物質は腸内をアルカリ性にし、免疫機能を低下させます。

悪玉菌が優勢だと、このように人体に有害な影響を及ぼすのです。

善玉菌を優勢にするために腸内フローラを整え悪玉菌よりも善玉菌がいるという状態にする事が大切です。

善玉菌を優勢にするには、善玉菌多く含んだ食事の摂取、善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維の摂取、ストレスをためないこと、適度な運動など、健康的な生活をすることが大切です。

サプリメントバナー