善玉菌

善玉菌とは

人間が病気になる時に細菌やウィルスなどが原因で病気になる場合があり感染症と呼ばれ昔から細菌は人間に害をなすものと考えられていました。

人間にはこれら感染性にならないように外部からの異物や病原菌を排除する仕組みがあり免疫と呼ばれています。

日々口から食物を食べて栄養を摂取していますが食物には様々な細菌が付着しているにもかかわらず病気にならないのはこの免疫が作用しているからです。

しかし、この人間の免疫機構に排除されずに腸内で人間と共存している細菌がありそれらは腸内細菌と呼ばれています。

腸内には300種類以上、100兆個ほどこれら腸内細菌が住んでおり、人体に有益な菌や有害な菌まで存在します。

人体に有益な菌は善玉菌と呼ばれそれらの中には乳酸菌やビフィズス菌などがありその活動自体が人間に有益な働きをし、一方で人体に有害な菌は悪玉菌と呼ばれ大腸菌、ウェルシュ菌などがありその活動は人間に有害な働きをします。

善玉菌との共存

善玉菌と人間の付き合いは、赤ちゃんの時から始まり母乳を飲む頃から善玉菌は腸内に住み始めます。

腸内フローラとは腸内細菌の集まりを指しますが、この腸内フローラのバランスは赤ちゃんが離乳期に入る頃には、善玉菌であるビフィズス菌が90%であとは悪玉菌で構成され、善玉菌優勢の状態になっています。

この離乳期を過ぎると善玉菌は減り始め、逆に悪玉菌が増え時間をかけて大人の腸内フローラを形成し安定しますが、加齢により著しく善玉菌は減少し、逆に悪玉菌は増えて身体に不健康な影響を与えます。

この腸内フローラのバランスが善玉菌優勢だと健康を維持でき、悪玉菌優勢だと健康を害する原因となります。

腸内フローラのバランスは加齢以外にも食生活やストレスなど外的・内的要因によって変化をします。

人間には、恒常性維持機能(ホメオスタシス)といい周りの環境がに変化しても、適用できるように体内の状態を正常に保つ機能があり腸内細菌もホメオスタシスに作用し人間の代謝や生理などに影響を与えています。

善玉菌がどのように健康維持に影響を与えるかと言うと消化酵素の働きを助け、分解・消化・吸収に寄与しているからなのです。

善玉菌の働き

善玉菌は食物繊維やオリゴ糖をエネルギー源として吸収し代謝物として酢酸や乳酸を産生します。

乳酸の作り出す乳酸や酢酸は、有機酸と呼ばれ腸内のpH値を低下させ、弱酸性にします。

弱酸性の環境は悪玉菌が棲息するには不利な環境で悪玉菌を抑制するため腐敗の進行を防止し、悪玉菌自体の繁殖や有害物質の吸収を抑えます。

腸内の酸性化はまた、病原菌の感染を予防し、その活動を抑えることから細菌による下痢の発生を予防・防止します。

その他、有機酸には腸の蠕動運動を活発にする作用もあり、便秘の改善も期待できます。

善玉菌の働きにはその他にも、ビオチンやステロイドホルモンの合成、腸管の免疫機能の強化・活性化、コレステロールの低減、消化活動の促進などがあります。

↓↓↓善玉菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓

サプリメントバナー

関連記事

善玉菌が産生する有機酸(乳酸と酢酸の働き)

炭素を主成分とする有機が化合している物質の中で、酸性であるものを有機酸と言います。 目次1 善玉菌の代謝物2 有機酸の働き2.1 感染防御2.2 カルシウムの吸収促進2.3 腸を丈夫にする2.4 コレステロールを下げる2 […]

善玉菌の種類

目次1 脳内細菌のバランス2 善玉菌の種類2.1 乳酸菌・ビフィズス菌3 乳酸菌・ビフィズス菌以外の善玉菌3.1 納豆菌3.2 酵母菌3.3 麹菌3.4 ↓↓↓善玉菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓ 脳内細菌のバランス 人間の […]

善玉菌を増やす方法

体内の悪玉菌の比率が増えると不健康になるのは周知の事実ではありますが、では善玉菌を増やし、健康な体づくりをするには一体どうしたらよいのでしょうか。 目次1 善玉菌を増やす成分2 「あなたは、あなたが食べたもので出来ている […]