善玉菌の種類

脳内細菌のバランス

人間の腸内には、共存している腸内細菌がありその種類は300種類、数にして100兆個、重さにすると1キログラムの細菌が存在しています。

人間を構成する細胞の数が、60兆個なので、100兆個という数字がいかに大きいかがおわかりになったことでしょう。

腸内細菌は、人体に有益な善玉菌、人体に有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌と分別され、その構成比はそれぞれ善玉菌、悪玉菌、日和見菌の比率は、20:10:70だとされ日和見菌の数が一番多く感じますが健康な時は害はありません。

日和見菌は、腸内の細菌バランスが善玉菌が優位にの時は無害ですが、悪玉菌が優位に立つよ、悪玉菌と共に悪影響を及ぼす困ったところもあります。

これら3つの細菌のバランスが正常に保たれることで人間の健康が維持されていますが、理想的な比率は善玉菌が30%、悪玉菌が10%、日和見菌が50~60%が望まれています。

善玉菌の種類

腸内細菌の種類は膨大ですが、その中でも人体に有益な善玉菌の種類は、約500種類あると考えれれています。

善玉菌の定義は、人間の身体に有益な作用をもたらし、健康維持や生命活動に必要な物質を産生することです。

乳酸菌・ビフィズス菌

乳酸菌・ビフィズス菌は、胃酸や胆汁に負けずに腸まで届き人間に有益な代謝物を産生します。

乳酸菌・ビフィズス菌以外の善玉菌

納豆菌・酵母菌・麹菌は、糖化菌と呼ばれて、代謝により糖を産生する細菌を指します。

糖化菌はアミラーゼを産生し、デンプンを糖へ分解するためデンプンを分解できない乳酸菌の増殖を促進する働きがあります。

有胞子性桿菌であり、芽胞を形成しているので、熱・酸・アルカリに対しての抵抗性があるため胃酸に負けずに腸まで届くことで知られています。

納豆菌

納豆菌は胞子を形成する性質があり納豆菌の胞子は、増殖に適した環境が失われると、子孫を残すために胞子を形成し適当な温度と水分と栄養がある環境下では、発芽し増殖します。

100℃で滅菌すると多くの細菌が死滅しますが、納豆菌は胞子を形成するため、過酷な環境下でも生き延びることができます。

納豆菌を死滅させるためには、120℃の温度が必要です。高温に強いだけでなく低温にも強く、マイナス100℃でも死滅しません。酸やアルカリにも強く、少なくともpH1.0からpH10.0の環境下では、生き延びることができます。

納豆菌は、乳酸菌が分解できない物質を糖へ分解するため糖を栄養源にしている善玉菌を増やす働きがあり納豆菌はそこにあります。

納豆菌を摂取する人と摂取しない人を比較すると善玉菌の量が10倍も違うという研究結果もあるようです。

酵母菌

酵母(菌)は、アルコール発酵(糖をアルコールと炭酸ガスに分解)をする菌類で、酒類(ビール・ワイン・清酒・ウィスキー)・醤油・味噌の醸造やパンの製造に使用されています。

種類によってビール酵母・ワイン酵母・清酒酵母・ウィスキー酵母・醤油酵母・味噌酵母等があり、それぞれの製法に適した酵母が使い分けられます。

昔はブドウの表面や酒蔵に生息する「蔵つき酵母」を用いたりして造られてきましたが、それでは酒質が安定せず、近年ではそのような酵母の中から選抜された酵母を純粋培養したワイン酵母や清酒酵母が用いられています。蔵酵母を使った天然醸造醤油等もありますが、品質を一定にする為に選択培養した酵母を添加して醸造されています。

酵母菌は発酵する時に、脂質・糖分を分解し代謝物としてアミノ酸やクエン酸、有機酸やアルコール、炭酸ガスなど、を産生しますがアミノ酸やクエン酸は人間に有益な成分です。

アミノ酸やクエン酸は老化の原因となる活性酸素を抑える作用が有ると考えられています。

麹菌

麹には、でんぷん質を消化して糖分に分解するアミラーゼ、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が豊富に含まれています。

酵素は体内の栄養素の分解、運搬、合成、排出を行う上で、とても大切な働きをしています。

ビタミン、ミネラル、タンパク質など、は人間には必須の栄養素ですが、この栄養を分解する必要があります。

酵素が不足していると、代謝機能がうまく働かず、高血圧、高脂肪、糖尿などの原因となるため麹菌が産生する酵素は人体に有益です。

酵素は体内でも合成される物質ですが、バランスの偏った食生活では、酵素が不足しますので、補助食品などから、効率よく補給すると良いでしょう。

↓↓↓善玉菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓

サプリメントバナー