乳酸菌とビフィズス菌の違い|代謝物が乳酸と酢酸、外界に分布する菌と腸管に常在する菌

乳酸菌とビフィズス菌の違い

人間の腸内には、人間の免疫にも排除されずに共存している腸内細菌があり、有益な菌は善玉菌と呼ばれています。

善玉菌には大きく分けて、乳酸菌やビフィズス菌があり乳酸菌の一種がビフィズス菌であると考えられていますが別物です。

乳酸菌は栄養分として糖質を分解しますが、代謝物そして乳酸を作りますが、ビフィズス菌は乳酸だけではなく、酢酸も作ります。

代謝物を産生する効率性ですが乳酸菌は、吸収するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以上も生成あしますが、ビフィズス菌のは、吸収するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以下しか生成されませんが酢酸を生成することができます。

形状の差異は、乳酸菌は球状や棒状をしているものが一般的ですが、ビフィズス菌は先端が二股に分かれたY字の形状をしています。

棲息している場所ですが、乳酸菌は乳由来の発酵食品に含まれることが多いのですがビフィズス菌は動物の腸内に住んでいます。

腸内に常在するビフィズス菌

ビフィズス菌は、人間や動物の腸内に常在しており、1兆から10兆個のビフィズス菌が腸内に棲息しており、乳酸菌は、人間や動物の腸内だけではなく、乳由来の加工食品や発酵食品などに多く存在しています。

細菌には酸素のある場所で生育する細菌と酸素のある場所では生育でき無い細菌がありますが、ビフィズス菌は後者に分類され体内では大腸に住んでいます。

これは、小腸には酸素が存在していますが、大腸には存在していないことが理由でビフィズス菌にとり大腸でのみ生きていけるのです。

一方の乳酸菌は酸素がある場所でも生存できるた自然界に広く分布しており体内ではあちこちに存在しています。

乳酸菌やビフィズス菌が必要な理由

腸内細菌は、小腸から大腸の間に多く常在し小腸には乳酸菌が多く、大腸にはビフィズス菌が多く存在しています。

乳幼児は腸内に多くビフィズス菌が存在しますが加齢により大腸のビフィズス菌が減少していくため高齢者は特に生きて菌が腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌を補給する必要があるのです。

乳児の腸内に多いビフィズス菌

1899年にパスツール研究所に勤めていたティシエが母乳栄養児の排泄物からビフィズス菌を発見し、ビフィズス菌の存在が世の中に知られるようになりました。

人間の腸内には、ビフィズス菌が存在していますが、腸内には善玉菌から悪玉菌まで多くの腸内細菌が住んでおりこの環境を腸内フローラまたは腸内細菌叢と呼びます。

ビフィズス菌はこの腸内フローの中の細菌の1種で乳児の腸内フローラの90%は、このビフィズス菌が占めているとされます。

ところが、母乳で育っていな人工栄養児は糞便に大腸菌群が多くビフィズス菌は少ない事が様々な研究でわかってきております。

ビフィズス菌は糖を分解し乳酸や酢酸を作るため、乳児の腸内は酸性になり、大腸菌や他の病原性腸内細菌の増殖を防いでいると考えられています。

人間の乳の中にはオリゴ糖が含まれ、通常の糖は小腸で分解され吸収されてしまいますが、オリゴ糖は途中で吸収されず大腸まで届きビフィズス菌の栄養源になります。

また、このビフィズス菌の代謝物が乳酸菌を増やす事もわかっており乳酸菌とビフィズス菌は相互に助け合っています。

ビフィズス菌の種類

ビフィズス菌には、約30菌種に分類することができるほど種類があり、人間の腸内に住むビフィズス菌は、この内約10菌種だと考えられています。

人間の腸内に存在するビフィズス菌の中でも、増殖する力や定着できる適応力、産生する酢酸や乳酸の量などに違いがあります。

腸内にビフィズス菌が増えると、腸内環境を正常に整えることにより便通や下痢が改善させる機能が認められていることから胃腸薬や整腸薬にはビフィズス菌が配合されている商品が多く存在します。

↓↓↓乳酸菌とビフィズス菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓