プロバイオティクス|人体に有益な腸内細菌を摂取し健康に役立てること

プロバイオティクスとは

従来の細菌に対する人間のアプローチはアンチバイオティクスとして、細菌を排除する抗生物質などでの殺菌や除菌といった排除することが中心でした。

また、人間の機能も免疫と言う機能があり、これは異物である細菌を排除する機能が備わっています。

しかし、免疫にも排除されない腸内細菌があり人体に有益な善玉菌と有害な悪玉菌が存在し、善玉菌を増やす事で健康に良い効果も様々な発見が相次ぎました。

現在ではこの人体に有益な働きをする善玉菌を摂取して腸内で増やし積極的な利用がなされ、そのような考え方をプロバイオティクスと呼び食品や医療の現場で利用されています。

プロバイオティクスにより、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善する事で、便秘や下痢など腸のトラブルやアレルギーや免疫力の向上にも効果がある研究結果が数多く報告されています。

プロバイオティクスの定義

腸内には約500種類の腸内細菌が生息し一定の条件をクリアした腸内細菌だけがプロバイオティクスとして認められます。
 
プロバイオティクスの条件は以下の通りです。

  • 食品や医薬品として安全性が保証されている
  • 胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届く
  • 腸内粘膜へ付着し、増殖できる
  • 腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる
  • 抗菌性物質を生産し、がんなどの病気を予防することができる
  • 摂取・飲用が簡単である
  • 商品としての生産性があり、なおかつ価格が安価である

プロバイオティクスの効果

プロバイオティクスは副作用や耐性菌のリスクもなく、安全に健康促進を図ることが可能です。

プロバイオティクスに定義された善玉菌は生きたまま大腸に届く乳酸菌で酸や胆汁への耐性が強く、生きて腸まで届く乳酸菌です。

免疫活性、コレステロールの改善、整腸作用、美肌、ダイエット効果などが様々な利点が期待できます。

乳酸菌は多糖類を産生する性質を持ち、その代謝物は便秘の予防・改善に効果的で、ウェルシュ菌などの腸内有害細菌を減少させる働きもあります。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスをより効果的にするのが、プレバイオティクスでこれらは腸で吸収されず大腸まで届き善玉菌のエネルギー源になる成分でオリゴ糖や食物繊維のことです。

善玉菌を摂取するだけではなくオリゴ糖や食物繊維を摂取すれば、善玉菌を増やす事ができよりプロバイオティクスが力を発揮し易い環境を作ります。

↓↓↓プロバイオティクスを含む食べ物はコチラ↓↓↓