乳酸と下痢|原因は様々なので効果の有る無しがある

下痢の原因

暴飲暴食

暴飲暴食をすると腸に過剰な負担がかかり腸の機能低下により下痢になることがあります。

暴飲暴食に心当たりがある下痢の場合は一日程度絶食し、腸を休息させると改善することがあります。

食あたり・食中毒

細菌が原因で食あたりや食中毒になると免疫反応によって腸粘膜が炎症を起こしたり腸管内の分泌液を多くし外敵を排除しようとします。

これらの腸の疲れで腸内環境が悪化して下痢になる場合がありますが、食中毒で有れば抗生物質で完全します。

生理・腹痛

月経前になるとプロゲステロンという女性ホルモンが分泌され腸にも影響を与えます。

生理により急激に腸が動くと下痢になる場合がありますがホルモンバランスが正常に戻れば下痢は改善します。

冷え

自律神経が乱れると下痢になる場合がありますが、体が冷えると自律神経が乱れるので下痢になる場合があります。

自律神経が乱れると、腸が異常伸縮を起こすことが原因ですので、冷えが改善されると下痢が収まる場合があります。

胃酸

胃酸は、食べ物の消化や異物の排除など役割をになっていますが、過食やストレスで胃酸が過剰に分泌される場合があります。

胃酸が過剰に分泌されると炎症など起こし、胃腸が弱まり食べ物の消化不良が生じ、下痢になる場合があります。

自律神経の失調

腸の活動は自律神経によりコントロールされ、腸の活動は排便に影響を与えます。

自律神経の機能がストレスなどで低下する排便機能にも異常をきたし下痢になる場合があります。

身体の老化

身体は酸素に触れることで老化しますが、これを酸化と呼びます。

酸化により血液・栄養・酸素などの循環機能が悪化し代謝が悪くなり、体臭や口臭、シミやたるみ、精神的な疲労、白髪や肩こり、身体中の臓器の機能が低下することで胃や腸の働きも悪くなります。

胃腸の糖化により大腸内の未消化の内容物が腐敗し腸内環境が悪化し、下痢になる場合があります。

悪玉菌の繁殖

人間の腸内に生息する腸内細菌には善玉菌・悪玉菌・日和見菌といった3種類の腸内菌が存在しますが、悪玉菌は人体に有害な物質を産生し腸内環境を悪化させます。

腸内に悪玉菌が増えると、腸の機能を低下させることから便が滞留し更に悪玉菌が産生する腐敗物質が食べ物のカスを腐敗させ毒素が身体をめぐります。

これら有害な液体やガスは、便秘や下痢といった症状の原因となります。

胃腸の下垂

胃腸が下垂した状態になると本来の機能が正常に働かないので胃腸の消化吸収が不十分な状態となり、下痢になる場合があります。

下痢の改善と善玉菌

腸内環境を悪化させ、下痢や便秘を引き起こす悪玉菌ですが、善玉菌を増やす事でその活動を抑制する事ができます。

善玉菌には下記の働きがあり、下痢の原因に対して有効な能力がいくつかあります。

  • 悪玉菌の増加を抑制する
  • 免疫力を向上させる
  • 食べ物の消化を促進させる
  • 蠕動運動を活発にし、便秘を予防する
  • 栄養分の吸収力を高める
  • 病原菌の侵入を防ぐ

善玉菌は、ビフィズス菌と乳酸菌などがあり乳酸菌がビフィズス菌を増やしたりビフィズス菌が乳酸菌を増やしたり相乗効果が望めます。

またこれら善玉菌が産生する物質は悪玉菌を抑制するので、必然的に悪化した腸内環境を改善し下痢の原因の解消が望めます。

善玉菌は、ストレス、偏食、運動不足や加齢などの影響で減少するので、意識して補給するようにしましょう。

↓↓↓おすすめ乳酸菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓