便秘は体の不調の中でも避けたい最も不快な現象の一つであると言っても過言ではないでしょうか。

本来体の外に排出すべき「毒」や「老廃物」を体内に溜めこんでいるため、便秘がちの人はお腹が痛くなったり、具合が悪くなりやすくなったり、また肌が荒れたり悪い事づくしなのですから、便秘になって喜ぶ人は当然誰もいないでしょう。

体内に不必要な排泄物が溜まると一体どうなるのか…特に便秘がちの人はあまり深く考えたくないかもしれませんが、聞いて下さい。

体内に溜まったそのような排泄物は腸の中で時が経てば経つほど腐敗していきます。

そして腸の中は悪玉菌が増殖しやすい環境が出来、そうなると腸の環境を整える善玉菌は減ってしまいます。

つまり便秘がちの人は腸が悪循環のままで改善しない状況になってしまっているという事です。

腸内で腐敗した老廃物がある事で、悪臭を伴うガスが出たり、体臭がきつくなります。

生ゴミをイメージするとわかりやすいと思いますが、生ゴミを何日も放置するとだんだん臭くなり、しまいにはごみ箱の中だけでなく、部屋全体が臭い始めます。

まさしくあなたの腸の中でそれが起こっていると考えてみて下さい。

あまり清潔であるとは言えないですよね?

ではどうしたら良いかと言うと、ヨーグルトなど乳酸菌を含む食品を摂取するようにする事で便秘は少しづつ改善していきます。

というのも乳酸菌を含む食品群と摂取する事で、体内に常在する善玉菌にいい栄養を送り込み善玉菌の働きを強化する事ができます。

その結果腸内の環境を荒らしていた悪玉菌の勢力が弱まり、より善玉菌の力が強力になり腸内の環境が改善、便秘もだんだん起こらないようになっていきます。

じゃあ乳酸菌を含む食品だけ食べればいいのか?という人もいるでしょうが、毎日3食規則正しくバランスが摂れた食事を摂った上で乳酸菌を含む食品を摂取しない事には便秘は改善しないので、間違っても食事は毎回ファーストフードだけど、ヨーグルトを食べてるから大丈夫、という風な解釈はしないで下さい。

特に便秘がちの人は食物繊維を多く含む野菜を多めにし、分解しにくい肉類は極力減らしたほうが良いでしょう。

腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスをいい方に逆転させるためには、乳酸菌はもちろん重要な要素になりますが、他の食品の栄養群もきちんと摂取する事が一番肝要とも言えます。

悪玉菌が多い腸内環境はガンを引き起こす原因にもなりかねません。皆さんも乳酸菌を採り入れ健康な腸内環境を目指しましょう

↓↓↓効く成分を含む食べ物はコチラ↓↓↓