乳酸菌と免疫|代謝物の有機酸が免疫機能を刺激し活性化させる

乳酸菌が免疫に与える影響

免疫機能とアレルギー反応の仕組み

人間には異物や病原菌が体外から侵入したウィルスや細菌などを排除する防御システムが備わっておりその一連のシステムを免疫と言います。

人間が活動する中で食物などで大量に体内に入りますが、免疫システムはこれを外敵かどうかを判断し外敵の場合は免疫反応を起こし排除します。

アレルギーとはこの免疫反応が過剰に働き、無害な物に対してや自己の細胞に対しても反応を起こす現象を指します。

これが、アレルギー反応の仕組みですが、乳酸菌にはこれらの過剰反応を抑える能力があると考えられています。

アトピー

アトピーとは、免疫機能の過剰反応が引き起こす皮膚症状でアレルギーの一種です。

アトピー性皮膚炎とは、症状としてかゆみ、肌がカサカサしたり、かさぶたによって皮膚が肥厚したりする、アレルギー性の湿疹を指します。

様々な研究により乳酸菌は、アレルギー反応によるアトピーの症状を軽減させる作用があることが明らかになってきました。

アレルギーは、身体にとって異物に対する過剰な免疫反応なのですが、アレルギーを引き起こす抗原と呼ばれる原因物質が身体に入ってきたときに、これらを排除しようと、免疫機能が反応を起こすのがメカニズムです。

このアトピーに時に過剰反応する免疫細胞がBリンパ球で、アレルゲンに対抗するために体内で作られるIgEというタンパク質の抗体を作って、アレルゲンを取り除こうとするのです。

アトピーや花粉症の起こる仕組みは、このBリンパ球がIgEを作り過ぎて起こるのが原因です。

アレルギーでは無い人は、免疫機能をコントロールできるので過剰に反応することはありませんが、アレルギー反応を起こす人は免疫作用を抑えることができなくなっています。

乳酸菌の生成する物質が免疫の過剰反応を抑えることがわかり、アトピーをはじめとするアレルギー症状の改善に期待されています。

乳酸菌が免疫機能に与える影響

乳酸菌には、免疫の過剰反応を抑えるだけでなく免疫機能を活性化させる機能があると考えられています。

免疫力が低下すると外敵への防御力を落とし、感染症などに弱くなり風邪などをひきやすくなります。

免疫システムのなかでNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれる免疫細胞があり、これはリンパ球に含まれる免疫細胞のひとつで、この細胞が外敵を攻撃する役目を担っています。

しかしこの免疫細胞は20歳前後にその活性がピークに達し、その後加齢とともに低下するとされ加齢による免疫低下はこの細胞にも関係があります。

乳酸菌の生成する成分が免疫を活性化させ、NK細胞が活性化され、免疫力が上がると考えられています。

腸内環境の改善は、免疫能を高く維持して、風邪や感染などから体を守ることにもつながるのです。

↓↓↓乳酸菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓