乳酸菌の効果|腸内での代謝物が様々な健康効果を促進する

乳酸菌に関しての研究が本格化されたのは西歴1900年頃、ヨーグルトで有名なブルガリアの寿命が他国より長いという点に着目され、ロシアの研究者が乳酸菌についてまずは仮説をもとに研究を始めた事が始まりだとされています。

乳酸菌といえばヨーグルトと思われる人も多いですが、私たち日本人として親しみのある糠漬けや味噌汁や納豆などの食品にも含まれているので日頃からビフィズス菌を摂取している人の方が多いとは言えます。

乳酸菌と言っても大きく分けて二つに分類されるのですが、一つ目はよく聞く「プロバイオティクス」、二つ目は「プレバイオティクス」と呼ばれます。

前者のほうはスーパーなどで購入できるヨーグルトのパッケージに表示される文言として目にする人も多いのではと思いますが、プレバイオティクスとは生菌、つまり文字通りですが生きたままの菌をそのまま利用して腸内の環境を整える狙いがあります。

それに対してプレバイオティクスは生菌は含まれてはいないものの、体内の善玉菌が栄養源とするオリゴ糖を体に補給する事ですでに体内にある善玉菌の働きを向上させて腸内環境を整えるように仕向けるという狙いがあります。

これらは名前は似てはいるものの、化学的な意味合いは全く異なるものなのです。

WHO世界保健機構など世界的な見解として目下のところ解明されているプロバイオティクスの有効な効能としては、アレルギーやがん、便秘、細菌性の下痢、消化器疾患、泌尿器や生殖器の疾患、心血管の疾患を改善させる働きがあるとの見解があります。

またプレバイオティクスも同様に腸内環境を整えてくれることは説明の余地もありません。

さて、これらの腸内の細菌のバランスは年齢や生活環境、日頃の食生活、生活リズム、ストレスレベルや年齢でも全く異なります。

もし腸内の環境を調べてより良い健康状態を作りたいと考えるのであれば一番手っ取り早い手段は「検便」です。

健康な腸内環境がある人であれば平均的には便1g中に百万から一億個程度の乳酸菌がいるとされています。

特にお通じの頻度が少なかったり、逆に下痢気味だったり、またお腹の痛みがあるなど腸内の環境が整っていない人や、お肌の調子が悪いという人の場合は腸内に問題がある場合もあります。

検査に行き、自身の体内がどのような状態になっているのか分析することはよりよい健康な体作りを目指す上でとても重要と言えますが、検査まではちょっと…という人でもヨーグルトを始め、みそなど腸内の状態を整えてくれる食品群を日頃から摂るように意識を持つことは大変重要だと言えるでしょう。

乳酸菌の働き

生物は栄養分を外部から摂取して、これを分解し吸収する事でエネルギーを得ますがこの活動を代謝と言います。

乳酸菌が代謝をすると乳酸と呼ばれる物質を出しますが、この乳酸の抗菌性が高いため悪玉菌を抑制します。

また、腸内において、善玉菌の増加で有機酸の産生量が増えていくと、生きた乳酸菌は腸内の、酸性やアルカリ性の度合いを示す数値であるpH値を低下するために働き始めます。

このように生きた乳酸菌は、腸管粘膜上皮に定着し、悪玉菌を減少させ腸内細菌のバランスを正常化させるのです。

生きた乳酸菌のことは生菌と呼ばれ、死滅した乳酸菌は死菌と呼ばれます。

生きたまま腸に届く菌と胃酸や胆汁などによって死滅する菌がありますが、上記のような効果は望めませんが菌体成分にもある程度効果があるので死んだ菌も無駄ではありません。

善玉菌の栄養にもなり、腸内環境にプラスの役割を果たします。

乳酸菌は悪玉菌を減らす

善玉菌と悪玉菌のバランスが善玉菌優勢であると健康でいられますが、腸内環境が悪化し悪玉菌が増えると、腸の活動が低下します。

乳酸菌が代謝をし乳酸や酢酸など健康な物質を産生するように、悪玉菌も代謝しますがその代謝物は、アンモニア・アミン・インドール・硫化水素などの有害物質を産生します。

これら毒素は腸を腐敗させたり、高血圧やがん、肝臓病の原因や老化の原因となる人体に有害な成分です。

乳酸菌の代謝物である乳酸や酢酸はなどの有機酸は腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えます。

有機酸はまた、腸における蠕動運動を促す働きを持っているので、便秘予防にも効果的なのです。

人間の免疫システムは、腸が最大の免疫器官で乳酸菌はこの免疫システムを活性化させる働きがあります。

免疫力が上がれば風邪や肺炎、結核など、免疫力が上がれば防げる感染症を予防できます。

また、別の研究では発がん物質を分解する効果も期待できる結果もあるようです。

細菌では、乳酸菌がアレルギーを抑える働きが証明され、花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー疾患を抑えることが期待されています。

その他、血中の善玉コレステロールの低下を抑え、中性脂肪の値を低下させる効果が期待できるなど今後の研究が進むことは間違いありません。

↓↓↓乳酸菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓