乳酸菌と花粉症|免疫細胞の過剰反応である花粉症に有効か?

花粉症とは

花粉症とは、花粉をアレルゲンとして持つ人に生じるアレルギーでスギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で日本人の約25%が花粉症だといわれ季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

原因となる花粉が飛ぶ季節にだけ症状があり、日本では、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど約60種類の植物が花粉症を引き起こすアレルゲンとされています。

アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類され季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎に分類され、前者は植物の花粉が原因となり、後者は動物の毛、ダニ、ハウスダストが原因となっています。

花粉症の症状

花粉症の症状は、目の症状として、目のかゆみ、充血、涙が出る、目がはれぼったい、目やにが出る、目がごろごろする、かすむ、まぶしい、痛いなどがあり、鼻の症状としてくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻の三大症状があります。

花粉症の仕組み

人間には外から外敵が侵入した時にそれを排除する仕組みがあり免疫と呼ばれています。

一方で、免疫は人体に無害な物に対しては攻撃しない仕組み、免疫寛容と呼ばれる仕組みがありますが、花粉症は本来無害であるはずの花粉に過剰な免疫反応を起こした状態を指します。

花粉症が発症するメカニズム

花粉が飛ぶ季節になると、花粉が飛び人体の鼻や口を通して入りますが、異物(アレルゲン)が侵入すると免疫寛容により受け入れるかどうかが判断されます。

排除すると判断した場合、人体はこれを外敵の侵入とみなし、免疫の機能が開始され免疫細胞であるヘルパーT細胞のひとつである2型ヘルパーT細胞の働きによって花粉を撃退するためのIgEというタンパク質を生産します。

IgEは、花粉症の症状の原因物質で粘膜系や呼吸器系、皮膚系でヒスタミン、インターロイキン-4、ロイコトリエンなどの化学伝達物質を生成し放出し、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

これが花粉症の症状で、くしゃみ、鼻水・涙、鼻づまりで中に入れないよう防御する免疫作用なのです。

つまり、免疫の過剰反応であるIgEの生産を抑制すれば花粉症の症状を緩和させることが期待できます。

乳酸菌は1型ヘルパーT細胞の働きを促進する(花粉症と善玉菌の働き)

様々な研究が各方面で進みIgEの生産を抑制するためには、2型ヘルパーT細胞と正反対の働きをする1型ヘルパーT細胞の働きが重要であることがわかってきました。

そのメカニズムはまだ十分に解明されていないようですが、アレルギー反応を抑えるI型ヘルパーT細胞を活性化させ、IgEの生産を抑制することで、インターロイキン-4の生成も抑えられ、花粉症の症状を緩和させることができると考えられています。

乳酸菌の酸性物質が1型ヘルパーT細胞の働きを強めるので乳酸菌の力を借りて花粉症の症状を引き起こすIgEの生産を抑制されると考えられています。

↓↓↓乳酸菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓