腸

便意が起こるプロセス

便意が起こってから排便までのプロセスは腸と脳の連携プレーによって行われます。

食べ物が胃腸に入って、胃・結腸反射という反応が起き腸で蠕動運動が起こり、腸が動くことで便を直腸まで運び直腸に入ると、直腸から脳へ信号を出しその信号を脳がキャッチし、便意を感じます。

腸が健康であれば、コップいっぱいの水で一連の動きが始まり便意が起きるときがあります。

腸の状態が悪いと、直腸から脳への信号が出にくくなり蠕動運動や直腸まで便を運ぶ動きが鈍くなり、便意が起きないようになります。

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)とは

脳には約150億個の神経細胞がありそのうち約2,000本は腸と脳を神経線維でつないでいます。

腸にも約1億個の神経細胞があり腸独自の神経ネットワークをもっており脳の指示が無くても自律的に脳や脊髄からの指令を受けなくても、他の消化器官とともに働き、他の臓器にも直接司令をだすことができるのです。

消化や分解に必要なホルモン酵素の分泌を促したり、ぜんどう運動や消化・吸収のための運動を自発的に行っています。

腸の停滞とは

消化・吸収・排泄するために必要な腸の運動(ぜんどう運動)が弱い腸が停滞されている方が増えています。

腸の運動が弱々しくなると、消化・吸収・排泄が上手に行われず、体内には本来排泄されていなければならない不要な老廃物や毒素が長い間積み重なることになり、ニキビや肌荒れなどの素肌トラブルをはじめ、下腹部の張り、腹痛などの原因になります。

日本人の死亡原因のトップはがんで、がんの中でも急増しているのが この大腸がんで、このような状態が長く続けば大腸がんのリスクが高くなります。

腸が停滞する原因

  • ダイエット
  • 食物繊維摂取不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 2回食(欠食)

食事量の減少に伴い摂取する食物繊維量が物理的に減少すると腸の動きが悪くなり更に悪化させます。

腸の動きを活発にする方法

腸の動きを活発にするものとして、食物繊維(不溶性・水溶性)や水、マグネシウムやオレイン酸、アントラキノン系薬剤(大黄・センナ・アロエ)の下剤、ジンジャーやオリゴ糖、アルコールやウィルス・細菌感染症、内分泌・代謝性疾患(甲状腺機能・亢進症など.)、ストレスなどがあげられます。

逆に腸の動きを抑制する原因には、薬の服用や、アントラキノン系の下剤の長期連用、ストレスやPMS(月経前緊張症)、内分泌・代謝性疾患などがあげられます。

生理前に便秘になる原因

生理の前になると便秘になりやすいという方が多いかと思いますが、女性の体を支配する女性ホルモンのうち、黄体ホルモン(プロゲステロン)は排卵から月経までの時期に多く分泌されます。

この黄体ホルモンは腸の平滑筋の「刺激感受性」を低下させたり、便のもとになる大腸の内容物の水分を吸収したりする作用があります。

このため、黄体ホルモンの分泌がさかんになると大腸のぜんどう運動が抑制され、さらに便が固くなってしまうのです。