便の色と健康 黄土色~茶褐色

便の色で、その人の健康状態が分かるといいます。

それほどまでに便は、人の健康状態を知るパラメーターとなっているのです。

今回は、黄土色~茶褐色の便色に関してみていきます。

便の色って何で決まるの?

そもそも便の色は何によって決められているのでしょうか。

それは、肝細胞で作られている胆汁や、善玉菌と悪玉菌のバランスによるものです。

腸内に善玉菌が多くある場合や、腸内の菌が弱酸性の場合、正常な色の便が出るようになっています。

胆汁色素であるビリルビンは、腸内環境によって色が変化します。

腸内の善玉菌が多ければ多いほど、弱酸性として便は黄色に近づきます。

反対に、アルカリ性の場合は、黒ずんだ色へと変化するようになっています。

では、正常な色とはどのような色のことを言うのでしょう。

便の色

胆汁の働き

便は胆汁や腸内の善玉菌などによって着色されると記述しましたが、具体的に胆汁はどのような働きを行っているのでしょうか。

胆汁には、ビリルビンと呼ばれる色素があります。

まず、胆汁は肝臓にて生成され、食事をすると、十二指腸に放出されます。

そして十二指腸の中の食べ物と混ざり、消化される仕組みになっています。

その消化過程において、便が胆汁によって着色されるというわけなのです。

黄土色~茶褐色

この色の便は、正常な便と言えます。

胆汁のビリルビンを反映させた理想的な腸内環境である証ともいえます。

もちろん、色だけではなく、形状などによっても異なってきますが、黄土色~茶褐色の便は、基本的に健康な身体である基準となっています。

このように、便の色で健康かどうか把握できるとなれば、自分の便をチェックすることによって、病気などの早期発見を行うことにも繋がります。

自分では気づいていない病気を早期発見できる大切な材料として便の色はとても良い健康の目安になるのです。