善玉菌を増やす方法

体内の悪玉菌の比率が増えると不健康になるのは周知の事実ではありますが、では善玉菌を増やし、健康な体づくりをするには一体どうしたらよいのでしょうか。

善玉菌を増やす成分

善玉菌の摂取をプロバイオティクスと言いますが、善玉菌を増やす栄養素の摂取をプレバイオティクスと言います。

善玉菌は小腸や大腸などに生息していますが、人間の食べたものは途中で吸収されてしまい善玉菌の住んでいるところに届きません。

これら善玉菌のエネルギー源となるには、消化器官で分解吸収されずに大腸まで届く必要があり、それら善玉菌の栄養素になりえる栄養素にはオリゴ糖と食物繊維があります。

オリゴ糖は、胃や腸で消化吸収されずに、大腸まで届きオリゴ糖を含む食品としては、牛乳、バナナ、たまねぎ、アスパラガスなどが挙げられます。

食物繊維が多く摂取できる食材としては、大豆・インゲン豆などの豆類、ごぼう、干し椎茸、切干大根、海藻類、こんにゃくなどがあり大豆やごぼうにはオリゴ糖が含まれています。

このように、オリゴ糖、食物繊維を多く含む食事を積極的に摂ることにより、善玉菌が増え、腸内環境の改善が期待できます。

「あなたは、あなたが食べたもので出来ている」という意識をもつ

普段あまり意識をしない人も多いと思いますが、あなたの体は日頃からあなたが食べたもので成り立っています。

あまり肉や脂肪が多い食生活をしてしまうと胃に負担がかかる、とはよく聞く話ではなりますが、それはなぜかと言いますと、肉や脂物というのは実は悪玉菌の大の鉱物なのです。

つまり肉や脂肪を中心にした食生活を送ることは即ち、自らの悪玉菌にエサをあげ、自分で自分の首を絞める事に直結します。

このような事態を防ぎ、善玉菌を増やすためには、日頃から肉・魚・野菜・穀物などバランスよく摂取し、割合で言うと野菜を多く摂るようにすると良いでしょう。

なおもともと便秘がちの人は食物繊維を多めに摂るようにし、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品を摂取して、体の内側から腸の環境を整えるよう工夫することが肝要です。

意外とあまり良くない野菜としてはじゃがいもなどのタンパク質です。

タンパク質を多く取り過ぎない事はとても大事です。また今のところどんなに乱れた食生活をしていて平気だったとしても、体調の悪化は忘れた頃にやってきます。

あなたの口にするものがあなたの未来を作っていると言っても過言ではありません。

規則的な運動をする

忙しい現代人の生活に、運動をする時間を作れ、と言っても人によってはなかなか難しいのかもしれません。

しかしながらここでいう運動とは決して毎日何時間もアスリートのように運動するべきだ、と示唆している訳ではなく、例えば通勤時にバスに乗る代わりに一駅早歩きで歩いて見るとか、寝る前にベッドの上でヨガやストレッチをするとか、掃除をする時は必ず床をぞうきん掛けするなど、自分の体力、疲れの度合いによって自分に無理がない程度のアクティビティーを採り入れる、といった程度の事です。

こういったちょっとした「動く」を日常化することで血行も良くなりますし、運動をする事でストレスも適度に解消され、体に疲れが溜まりにくくもなりますし、胃腸も健康な状態に傾きます。

ストレスを溜めない

「ストレスは万病の元」とはよく言ったもので、ストレスが多い事で頭痛が起きたり、緊張しすぎたり、ストレスで胃を壊す人もいますし、睡眠に障害が出る人もいます。

そのように過度のストレスを抱える事は体全体の機能に支障を及ぼすこともあるのです。

体の部位は一部分づつ個々に存在しているわけではなく、繋がっています。肩凝りが悪化する事で、頭痛や目の疲れに発展するのは明白です。

腸ももちろん連動しています。

心身ともに健康でストレスを溜めない事が善玉菌の元気にする秘訣でもあります。

↓↓↓善玉菌を含む食べ物はコチラ↓↓↓