腸内細菌、と一言で言っても実際の腸内には100億種類以上の菌が共存しています。その中でも取り分け知名度が高い菌として善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の三種類ではないでしょうか。
何となく善玉菌は体にとって良い菌で、悪玉菌は悪いという印象がある人が多いのではないかと予想されますが、ここでは具体的にどの菌がどのような働きがあるのかを一つ一つ解説していきます。

善玉菌とは

善玉菌の中でも一番有名なものは「ビフィズス菌」や「乳酸菌」ではないでしょうか。皆さんは既にご存知とは思いますが、ヨーグルトなどに入っていて、ヨーグルトタイプや飲むヨーグルトタイプの製品もどこでも気軽に買えるので美容や健康に有効という事で日頃から購入される人も多いのではないでしょうか。このビフィズス菌や乳酸菌を始めとした善玉菌を取り入れる事で体にはプラスの効果が生まれます。
ざっくりまとめると、腸の動きを改善したり、消化や吸収を助けるだけではなく、免疫力を高め腸内の環境を酸性に傾ける事で感染症などから体を守ってくれるといった働きや、ビタミンを造るなどの効果があります。

悪玉菌とは

大腸菌で最も有名なものに大腸菌があります。またウェルシェ菌という悪玉菌も腸の劣化に密接した関わりをもっています。このような悪玉菌が多くなればなるほどに腸内の環境がアルカリ性に傾き劣化し、腸内が腐敗を起こしたり、強い異臭を含む便やおならが出たり、便秘・下痢体質になりやすくなります。また体臭が強くなるなど、腸内に毒素が発生するようになります。気を付けたい点としては腸がガンになりやすい環境へと傾いていくことです。何を食べるか、という点だけでなく人間関係やプレッシャーなど日々ストレスを抱えたり、睡眠不足など生活のリズムなどで悪玉菌が増える事も往々にしてあります。

日和見菌とは

日和見菌は上記の善玉菌や悪玉菌と比べるとあまり耳にしない、という人の方が多いかもしれませんが腸内の細菌の中でも一番割合が高いのは善玉・悪玉菌ではなくこの日和見菌なのです。日和見菌は基本的に健康な人の腸内では無害な、中性的な菌ではありますが、悪玉菌の割合が高まると悪玉菌の働きを増強してしまうきらいがあります。

以上の三つの菌のバランスが良い場合は健康な腸の状態が保てているのですが、病気になってしまったり、ストレスや生活リズム、食生活などが不規則、もしくはアンバランスになってしまうと悪玉菌の割合が増え排便に影響が出るばかりか、ひいては大腸がんなどに発展してしまう事もあるのです。普段から健康的な腸内環境が保てるように体には優しくしていきたいですね。