女性

むくみの原因

むくみは、ストレスや腸内環境の悪化により血流が悪くなった時に発症します。

血液は人体を構成する各器官の細胞に酸素や栄養を運び、体内にたまった老廃物や有害物質を排出する役割を担っています。

この血流が悪くなることで、滞留している部位がむくみ、体が重くだるくなった感じがするのです。

血流が滞留しむくむことは代謝が阻害されている事を意味しますので、体の様々な部分で弊害が起き始めます。

ストレスが何故、むくみの原因になるかと言うと体には自律神経によって、呼吸、心臓の鼓動、腸の消化吸収などの生命維持をしています。

自律神経には、交感神経と副交感神経という神経から成り交感神経は各器官を活動的にして、副交感神経はリラックスさせる働きがあります。

この自律神経のバランスが崩れると、体の血液を循環させる器官の働きも悪くなり、血流が悪くなることにより体がむくんでしまいます。

腸内環境が何故むくみに関係するかと言うと、腸内には人体に有益な善玉菌と有害な悪玉菌が存在しますが、悪玉菌は人間の飲食物に含まれる脂質やタンパク質を栄養源にして、スカトール、インドール、アミンなどの有害物質を生成します。

この生成物質は、大腸で吸収されると腸にダメージを与え、更に血流に乗り全身を巡りあらゆる器官に送られることで、体の各器官の働きが停滞します。

その結果、血流が悪くなり血が滞留し易い各部で、むくみが生じます。

むくみの解消法

ストレスが原因のむくみを解消する場合、ストレスの原因にはセロトニンと言うホルモンが関わっているのでこのホルモンについてまずは解説します。

セロトニンは、幸福ホルモンと呼ばれ人間の気持ちに作用するホルモンで人間をリラックスさせ幸せな気分につるとともに、ストレスを解消する作用があります。

このセロトニンは体内では9割以上が腸に存在している事が知られ、腸内環境が悪化するとこのホルモンの活性も低下します。

ストレスを解消するには腸内環境を改善する事が早道なのです。

腸内環境の悪化が原因で、むくみになっている場合は、善玉菌を増やし腸内環境を改善する事で解消に向かいます。

腸内環境を改善する場合は、善玉菌を増やす事が大切ですがそれには胃酸や熱に負けずに腸まで届く強い善玉菌を選ぶと良いでしょう。

>>むくみの解消におすすめな善玉菌食品一覧<<