ダイエット

食事制限ダイエット

ダイエットをしようと考えた時まず始めるのが食事制限からで、食事の量を控える方が多いのではないでしょうか?

ダイエットは、消費エネルギーが摂取カロリーを上回れば痩せるので、摂取量を減らせば当然痩せます。

肥満の人に共通しているのは、生活習慣が不規則で睡眠不足、運動不足、食生活の乱れなどがあります。

カロリー制限をしている人で多いのは、このような基本的な部分を改善せずに食べる量だけを減らすことです。

このような食事制限は有る程度は有効で間違ってはいませんが、正しい知識が無いと逆にリバウンドしたり体調を悪くします。

糖質制限ダイエット

摂取する食事の糖質を制限してダイエットをすることを糖質制限ダイエットと言います。

糖質制限食は、もともとダイエットのためのものではなく糖尿病の治療法の為の食事療法でした。

米、パン、そば、うどん、ラーメンなどの穀物原料の炭水化物を多く含んだ食べ物を控え量を抑えることで血糖値の上昇を抑えるために考えられた方法です。

糖尿病の治療には有効ですが、ダイエット目的の極端な制限は、体の不調の原因となってしまいます。

ダイエットを続けていると便秘になってしまう理由

これらのダイエットには欲求を毎日抑制することから、ストレスがたまります。

ストレスがたまると自律神経に負荷がかかり、腸の活力も低下して便秘になってしまいます。

また、食べる量が減ると便の量が減ることで、腸が働かなくなり便の回数も減っていきます。

便秘にならないダイエット方法

規則的な食生活が大切で、朝食、昼食、夕食は6時間毎にしっかり摂るようにしましょう。

朝は忙しくてたべられないという方もいらっしゃいますが、腸を目覚めさせる意味からも必ずバナナ一本でも良いので食べるようにしましょう。

食事と食事の間はしっかり空けて、小腹がすいたからと言って間食をするのは止めましょう。

むやみな食事制限は避けて、最低限のカロリーと炭水化物は避け、ダイエットをしましょう。